ホーム 基礎知識 レポート お料理レシピ 通信販売 会社概要
山岡寒天の旅
毎年12月から3月にわたって行われる糸寒天の製造報告です。(概要)
山岡寒天見聞録 令和3年度(2021)
01 2021/12/24 山岡寒天見聞録@
01 2022/01/05 山岡寒天見聞録A:謹賀新年 

01 2021/12/24 山岡寒天見聞録@

2020年より入社させていただきました森田祐貴と申します。
天草や寒天の事については、まだまだ知らないことばかりなので、
沢山勉強させていただき、お客様に最適な商品をお届け出来るように
努めて参ります。

先日岐阜県恵那市の山岡町へ行ってきました。
午前中は風が冷たく感じますが、お昼は暖かく感じました。

さて寒天の製造状況としましては、寒天製造に向く天候の日が少なく
なかなか進まない状況となっています。

原因としては、朝方気温が冷える日もあるけれど、
曇ってしまうと凍てが付かない事や、
冷える日が連日続かないと天然冷凍で寒天を製造出来ない点等が挙げられます。
冷凍庫を使用して行っている工場は年間を通して作っていますが、
天然冷凍で製造する工場はこれから開始するという感じです。

とある工場の天草(寒天の原料)の洗い場は、とても深い水槽で大量の天草を伝統の機械で洗い、取り出しは手作業で行っており、とても力のいる作業です。
また山岡町の水はとてもきれいで、この水もおいしい寒天に関係していると思います。

(作成者/森田祐貴)

ページ先頭へ

02 2022/01/05 山岡寒天見聞録A:謹賀新年

1月5日11時。4度。
快晴。
風は少し冷たいけど、
空気が澄んでいる。
まさに新年。

このところの強い寒気で
寒天がよく凍った
年末年始は特に冷え込んだ。
−15度〜−12度。

今日は寒天日和。
簀をカガミにする。
簀を回転させる。
野上げする。
作業がすすむ。

12月初旬は暖かったが、
新年はいい感じ。
どの工場も新天ができはじめている。

16時30分。
恵那山が夕日に染まりだす。
寒天小屋が赤くなる。
棚場からは氷を削る音。
凍てをとる音だ。
気温は1度。
まだまだ冷えそうだ。
今夜はよく凍るな。

※カガミ:凍った生天を乾燥しやすくする為に、簀を斜めにして太陽光に当たりやすくする作業。

※回転:カガミとなった寒天は上方と下方で乾燥具合が異なる。乾燥を均一にする為、簀を一回転させる作業。

※野上:乾燥した寒天を纏めて簀から上げる作業。

※凍てをとる:生天に粉砕した氷をかける作業。粉砕された氷を起点に生天が凍り始める。

(報告/常務 森田尚宏)

快晴に恵那山がはえる。

乾燥していく細寒天

ページ先頭へ