ホーム 基礎知識 レポート お料理レシピ 通信販売 会社概要
てんぐさ入札会報告
毎年6月から10月にわたって行われるてんぐさ入札会の報告です。
てんぐさ入札会報告 平成29年(2017)
00 2017/03/22 平成28年度てんぐさ概況 
01 2017/06/08 静岡県第3回入札会
02 2017/06/15 徳島県第1回入札会
03 2017/06/22 東京都第1回入札会
04 2017/07/07 愛媛県第1回入札会
05 2017/07/13 静岡県第4回入札会
06 2017/07/14 三重県第1回入札会
07 2017/08/10 静岡県第5回入札会

00 平成28年度(平成28年4月〜平成29年11月)てんぐさ概況

 全国のてんぐさ入札(生産)量

以下の表は、平成28年までの年別てんぐさ生産数量(入札数量+入札外数量)です。

産地\年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年 平成24年 平成23年 平成22年
東京都 35 44 52 53 63 53 57
静岡県 110 111 106 117 115 101 155
三重県 11 8 8 16 15 11 18
和歌山県 12 9 12 14 14 21 13
徳島県 36 26 45 32 37 37 34
愛媛県 118 149 160 146 86 80 69
高知県 16 11 29 40 18 36 20
長崎県 13 20 13 23 21 26 15
上記産地計 351 378 425 441 369 365 381
全国生産量 563 486 510 559 481 489 442

(単位:トン)株式会社 森田商店 調べ h29(2017)/3/22

 昨年の天草入札会は平成28年11月17日の東京都第3回入札会で終了した。
全国の生産数量は入札数量と入札外数量で563トンになった。平成27年は486トンで、対前年115.8%となり昨年大きく減産したのを挽回した。
 平成26年に発生した強いエルニーニョは平成28年春に終息したが、海水温、台風の発生等に大きく影響を及ぼした。
 平成27年の不作状況から平成28年の生産量増大を期待して始まる各地の天草入札会は当初予定の東京都伊豆諸島産の生育が極端に悪く、予定の5月開催が中止、さらに6月も入札会開催目途が立たない状態になった。
 不作原因は1月の水温が適正温度といわれる13℃以下のところ平成28年1月は15℃以上で終始したことによる(主催者の東京都漁連担当者談)。
 そのような状態で始まった平成28年6月の徳島県入札会は平成27年9月徳島第2回の高値を引き継ぎ、平成27年同時期6月第1回の25%〜40%高となった。その後静岡県、愛媛県と回を重ねるごとに高値を更新していった。ようやく7月になって東京都伊豆諸島産入札会が開かれたものの前年7月までの累計16トンのところが8.5トン約50%の出品と少なく、伊豆大島岡田産天赤1等は前年比56%高までになった。
 夏の天候状況はエルニーニョ現象が春まで続いた名残と見られ平成28年6月末まで台風の発生が無かった。これは統計のある昭和26年(1951年)以降過去2回(平成10年、1998年と昭和48年、1973年)のみである。 以後8月に入り台風は次々と発生、東日本を針路としたが天草採取に悪影響を及ぼすほどではなかった。
 梅雨明けは九州南部が平年より4日遅いものの四国地区は平年並み、東海地区は3日早くなった。
 天草の主たる採取時期は例年5月から8月前半までである。 
 当初、作柄が悪いのが大きく影響して出品数が極端に少なく高値落札が続いた。この高値は漁業者の生産意欲を高め、伊豆神津島、神奈川県三浦半島など一部の地域では生産量が増えた。特に 千葉県房総半島では作柄状況は比較的良く、採取条件の海況の良さも相まって近年になく増産となり県別ではトップクラスの100トン台に乗った。
 結果、全国総生産量は昨年を上回った。
 また、海外動向では韓国から平成28年は412トン(平成27年435トン)、モロッコから平成28年で1,151トン(平成27年694トン)となっている。
 平成28年の総輸入量は2,207トンである。平成27年計では1,680トンであった。 平成28年輸入数量はモロッコが前年に比べ大幅増え、総輸入数量増につながっている。平成23年から続くモロッコの輸出規制が平成28年に好転していることに起因する。
 価格は為替が平成27年1ドル120円~125円(平成27年6月、月間終値平均1ドル=123.6円)が平成28年の1ドル105円前後(平成28年6月、月間終値平均1ドル=105.45円)で推移したことにより現地価格の上げはあるものの輸入価格は微増(5%~10%高)にとどまった。
 海外からの輸入状況、特に価格は為替如何によるが、こればかりは相当程度の幅(1ドル100円から120円)を考慮せざるを得ない。
 昨年の国内天草価格はひとえに作柄不良により異常高値となったが、平成29年春からの価格は平成29年の年明け1月から2月の海水温が生育に適正がどうかにかかっている。エルニーニョ現象は収まっているので大幅な不作にはならないと推測する。
 価格面では十分な水準まできているので浜の生産意欲は維持できると思われ、あとは採取時期の海況状況による。

(報告/社長 森田庄次)

ページ先頭へ

01 2017/06/08 静岡県第3回入札会

 梅雨入りに合わせるかのように開催される静岡県第3回入札会。今年の東海、関東地方の梅雨入りは7日。入札会当日は曇りから小雨の天気となった。
 例年のごとく前日から組合回りで品種銘柄とこれからの状況を確認。今回の出品本数は347本。前年の同時期437本と比べると約20%の減となった。主な出品組合は松崎町雲見と仁科。東海岸では須崎だけと少し寂しい出品である。並んだ見本の写真もいつもに比べ少ない。
 応札商社はファックス入札2社を含め8社。前回の入札結果からすれば落ち着きを取り戻しつつあるかと思われたが、結果は一部商社がとびぬけた価格で落札。これが次回の入札価格のベースとなるのかならないのかわからないところである。
 3月中旬から4月下旬にかけて静岡県水産技術研究所が調査した今年の天草状況は「下田から南伊豆地区では前年並〜減、松崎から土肥地区では前年並〜増、県全体では前年並」の予想だが昨日今日とそれぞれの組合支所を回ってみて、どうも現在の海の中の状況は変わってきている気がする。日々変化する作柄。他の地域の作柄状況と連動して落札価格も変動していく。なんとも難しいものである。

(報告/専務 森田智治)

ページ先頭へ

02 2017/06/15 徳島県第1回入札会

 徳島県第1回入札会が例年通り6月中旬に開催された(6月15日)。徳島県第1回入札会は、全漁連主催の入札会で初回の入札会である。この為、本入札会は今年1年の入札動向を決定する重要な入札会である。出品量は18,200kgと前年比で88%と減産である(H28#1:20,644kg)。
 テングサの様相は全体的にカキの付着具合は少なく、綺麗であったが、例年よりも小さく細い印象であった。テングサの生長が悪いのではと推測された。
 次に続く愛媛県入札会の出品量は70トンと昨年より減産(H28#1:93トン)するとの報告があった為、今回の徳島県入札会では競争が予想された。
 入札業者は8社。各社、本入札会には気合いが入っており、通常よりも早く会場に入り、テングサを見付けていた。ピリピリとした雰囲気の中、入札会が始められた。結果、落札値は昨年の第2回入札会を参考にした価格が中心となり、予想よりも大幅な高値となった。続く愛媛県入札会に強い影響を与える入札会となった。

(報告/常務 森田尚宏)

ページ先頭へ

03 2017/06/22 東京都第1回入札会

 東京都 第1回入札会が6月中旬に開催された(6月22日)。出品量は11,881kgと前年比で139%と増産である。しかし昨年(H28)は大幅な減産で(H27比で53%)、過去5年でみると然程の増産とはいえない。更に出品された内訳はケグサ赤が6,240kg、ケグサ晒が1,290kg、アラメ赤が2,761kgアラメ晒が1,562kgと、例年多数出品されるアラメは少なかった。
 黒潮の関係であろうか、全体的に生長が遅いように思われ、アラメは毛足が短く若干細めであった。しかし、カキやアオの付着は少なかった為、歩留まりは高いと思われた。
 入札業者は10社。アラメは東京都以外の産地で出品されないこと、アラメが減産していることから、かなりの競争が予想された。結果、落札値はかなりの高値となった。

(報告/常務 森田尚宏)

ページ先頭へ

04 2017/07/07 愛媛県第1回入札会

 愛媛県第1回入札会が昨年と略同時期の7月上旬に開催された(7月7日)。出品量は102,042kgと昨年度第1回入札会と比較して109%と増産である(H28年93,407kg)。当初は100トンにならないのではとの予想であったが、空梅雨で例年よりも多く採取できたと思われた。ただし、過去5年でみると若干の減産である。
 徳島県や東京都の報告でも述べたが、愛媛県でも全体的に藻長が短いと思われた。今年は全国的に藻長が短いのではと思われる。また同じ等級でも袋により状態が異なっているテングサがあった(フケの付具合や寄草の程度)。入札する場合はよく考慮する必要があった。
 入札業者は8社。これまでの流れから高騰すると思われたが、予想したほどではなかった。そうはいっても昨年並みの高値である。今回は後継者と一緒に来ている業者が2社あり、テングサ業界にも少しずつ新しい風が入り始めた。

(報告/常務 森田尚宏)

ページ先頭へ

05 2017/7/13 静岡県第4回入札会

 九州では局地的な豪雨で被害も出ているが、下田ではいかにも梅雨真っただ中と思わせる曇り空。日本中の湿気をこの街、下田市に集めたんじゃないかと思わせるかのような蒸し蒸しした天気。こんなことならいっそ雨降りのほうがあきらめもつくんだけどと嘆きたくなるそんな一日。
 早くも静岡県第4回入札会。天草入札会で8回開催予定なのは静岡県だけである。
 今回の出品は281本7,025kg。毎回のように出品される仁科浜がない分、前回第3回より2割減である。今回は東海岸の白浜、須崎からの出品もあり、前回より多少賑やかな入札会となった。応札商社はファックス入札2社を含め7社。先週の愛媛県入札会で相場も徐々に落ち着き始めたかに見えた後の入札会。さてさて結果はというと商社の欲しい銘柄については前回より高めの値が付いたものの確かに落ち着き始めた気がする。とは言え3、4年前に比べれば高値には違いない。
 明日14日は三重県入札会。応札商社も一部入れ替わり、この結果がどれだけ影響するのか読み切れないところである。

(報告/専務 森田智治)

ページ先頭へ

06 2017/07/14 三重県第1回入札会

 三重県第1回入札会が昨年と略同時期の7月上旬に開催された(7月14日)。出品量は10,519kgで、昨年度第1回入札会と比較して102%と増産である(H28年10,264kg)。2014年は5トン弱、2015年は4トン弱と近年は10トンを下回っていたが、2016年、2017年と10トン以上となり、平年並に戻った感がある。
 これまでの入札会(徳島県入札会、愛媛県入札会、東京都入札会)では、テングサの藻長が短い感があったが、三重県入札会では然程短くなかった。等級については産地毎に特徴があり、ある産地のテングサは上天/中天/下天ともに状態が良いテングサであった。一方である産地テングサの漂草は他海藻が割合多く混入していた。
 入札業者は9社。三重県入札会は1品ずつ入札され、落札されていく。前に入札された価格が次の商品の価格に影響を与える為、入札価格は即断即決が必要となっていく。愛媛県入札会、静岡県集札会の流れから、本入札会も然程高騰はしないと予想された。実際、極端に高騰はしなかったが、通常安値で取引されるテングサの価格が上がった感じはあった。

(報告/常務 森田尚宏)

ページ先頭へ

07 2017/08/10 静岡県第5回入札会

 今年の立秋は8月7日。暦の上では秋の始まりのはずだが、そんなわけもなく夏の真っ盛り。日差しが痛い。
 今回の出品数量は514本12,850kg。去年の同時期623本に比べると2割弱の減産。今回の出品のうち仁科浜が8割以上を占め、その他は須崎、雲見、安良里が少々といった案配。応札商社はファックス入札2社を含め7社。
 「あなたが欲しいのは高くてもいいから採り草1等品? それとも寄り草で数量を揃えたい?」そんな天草の神様の問いかけに「どちらも安く落札できればそれが一番です」そんな心のやり取りをしながら応札。結果はすべてといっていいくらい前回より高値がついた。先月末に海外の天草に高値がついたことが今回の高値がついた一因にもなったことに加え、この時期に必要なものには高くても荷揃えをしなくては、という業者心理が働いたものと思われる。
 落ち着き始めた相場もここにきて一気に変わってきた感がある。来週は東京都入札会。その後和歌山県、三重県と入札会は後半戦を迎える。潮目が変わったようにも見える天草相場。神様にお願いするより、天草の識別と他の応札者の顔色を読め、ということですね。

(報告/専務 森田智治)

ページ先頭へ