ホーム 基礎知識 レポート お料理レシピ 通信販売 会社概要
講演・発表報告
社外で行った講演や、冊子で発表したレポート、参加イベント等の報告です。

2005/12/13 「海藻資源NO.14」2005年12月号
2006/06/24 第5回応用藻類学シンポジウム
2006/11/06 中日新聞
2006/06/08 第51回岐阜県寒天展示品評会
2007/03/26-28 国際海藻産業展出展
2007/06/05 第52回岐阜県寒天展示品評会参加
2007/12/08 日経新聞の取材。毎週土曜日のNIKKEIプラス1
2008/06/04 第53回岐阜県寒天展示品評会参加
2008/08/20 「日経マガジン」8/17, p.14「伊豆のプライド・ところてん」
2009/01/01 読売新聞(岐阜版)
2009/01/24 日本農業新聞
2009/02/26 料理教室にて寒天料理を紹介
2009/04/24 「(株)げんきの郷」(愛知県大府市)にて寒天惣菜の紹介
2009/06/05 第54回岐阜県寒天展示品評会参加
2009/10/09 2009秋期藻類シンポジウム
2010/02/04 展示会参加〈(有)大森商店50周年記念展示会〉
2010/02/10 「日本テレビ・スッキリ」で放映されました!
2010/05/21 第55回岐阜県寒天展示品評会参加
2010/07/07 日本食糧新聞
2011/05/20 第56回岐阜県寒天展示品評会
2011/08/17 中日新聞・知多版
2012/05/24 第57回岐阜県寒天展示品評会
2012/07/11 日本食糧新聞
2012/07/13 夏の企画展示会「藻類が未来を救う」のご案内
2013/05/23 第58回岐阜県寒天品評会
2013/08/11 月刊誌「むすび」
2014/05/23 第59回岐阜県寒天品評会
2015/05/22 第60回岐阜県寒天品評会

2015/05/22 第60回岐阜県寒天品評会

 今回の寒天品評会の会場は明知鉄道山岡駅前にリニューアルオープンした山岡駅かんてんかん。資料館でもあり寒天料理を食べることもできる「かんてんかん」。1階は寒天の原料の天草から寒天になるまでの説明が分かりやすく映像で紹介されている。2階が会議場で今回の品評会会場。例年のごとく品評会受賞者の表彰があり弊社工場のマルナカ寒天工場(代表西尾明美)は全国漁業協同組合連合会長賞を受賞した。
 また岐阜女子大食物科の学生さんの今年の研究発表は寒天ドレッシング。健康面、経済面、年代、性別など様々な角度から考案されたドレッシング。食べてみれば美味しいことはもちろんのことながらこのドレッシングのどこに寒天が入っているのというくらいの出来栄え。その後、懇親会に出た料理は明知鉄道寒天列車に提供される寒天尽くし料理。一の膳から三の膳まですべて寒天料理というから驚き。無限の可能性を感じさせる細寒天である。

(報告/専務 森田智治)

山岡駅かんてんかん

全漁連会長賞

上)一の膳 下)二の膳

上)三の膳 下)寒天ドレッシング

ページ先頭へ